<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

ジダン復活

スペインVSフランスを見た勢いでそのまま台本書き。
さすがに眠気には勝てず、お昼前まで撃沈。

午後から渋谷の喫茶店に出向いて芝居の台本書き。

それにしてもベスト8はどれもスゴいカード。
ヨーロッパの強豪6カ国と南米の強豪2カ国の対決。
ちなみにスペイン戦で同点ゴールを決めたフランス代表のボランチ、フランク・リベリーは顔に大きな傷があります。
地方の貧しい家庭に生まれ、2歳のときに交通事故で瀕死の重傷を負い、その傷が今も彼の顔に深く残っています。
ケガにも貧困にも負けず、長い下積みを経て苦労の末につかんだ代表の座。
そして今日の同点ゴール。
神様はしっかり見守っているという、こういう話に心を打たれます。

来週まで夢のような日々が続きますな。


6月28日 くもり時々はれ

by inouexpo | 2006-06-28 23:51 | テレビ  

大雨ニモ負ケズ


九州北部と西日本で梅雨前線が活発化する中、瀬戸内海に浮かぶ山口県周防大島で『鶴瓶の家族に乾杯』ロケを敢行。
ゲストは5回目の登場、前川 清さん。
f0079980_22441173.jpg


今回もどちらが素敵な家族、人物に出会うか、対決勝負になりました。
結果は少し先の9月末と10月はじめの放送で。
感動の結末に乞ご期待。


6月26日 大あめのちくもり

by inouexpo | 2006-06-26 23:58 | テレビと旅  

鉄板の夜


夕方のANA便で広島へ。

現地入りしてすぐにお好み焼き。
f0079980_116589.jpg

うどんが入ったお好み焼きは新鮮で非常に美味でした。
f0079980_1131895.jpg

場所は中区富士見町にある「八誠」(082-242-8123)。
広島にあって虎党の店。

ガイドしてくれたのは広島にいるダイエット中の巨漢ディレクターMさん。
f0079980_1142658.jpg

悪そうなアロハを着て広島市内をかっ歩してました。

明日はロケ、早く寝よ。


6月25日 あめ

by inouexpo | 2006-06-25 23:58 | テレビと旅  

原宿ぶらぶら


早起きして歌番組の台本書き。

午後、空いた時間でおいっ子を行きつけの美容室へつれていく。
伸び放題でボサボサの髪を若いスタイリストさんに頼んでイングランド代表のミスターパーフェクト、フランク・ランパードのようにしてもらう。

カットを待っている合間に原宿のセレクトショップでTRUNKSHOWのTシャツと和ものアロハを衝動買い。
f0079980_23522718.jpg


帰宅後、ロックなTシャツを着ながら演歌番組のナレーション書き。


6月24日 うすぐもり

by inouexpo | 2006-06-24 23:53 | お買い物  

帰らせていただきます


朝からスタジオ立ち会い。

コント好きの布施明さんとネタ合わせ。

「帰らせていただきます」
このギャグを知っているのは僕と井上くんだけだもんな。
と、有り難いのか冷やかされているのか、どっちにもとれる言葉。

事実、このギャグを知っている人は周りにはいませんでした。

ちなみに「帰らせていただきます」というギャグは伝説のバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」から生まれたもの。
バツの悪い状況に陥った布施さん演じる瓶底メガネの貧乏学生が発する言葉で、まあ簡単に言えば植木等の「お呼びでない?これまた失礼しました」に類するギャグ。
今から40年も前の話だもんなぁ。

午後からは鶴瓶さんの番組のスタジオ立ち会い。

夜は「きよしとこの夜」の会議。

ブラジル戦ショックとロケ疲れで眠いです。



6月23日 くもり時々はれ

by inouexpo | 2006-06-23 23:11 | テレビ  

つるけん


フルーツ王国、山梨県で『鶴瓶の家族に乾杯』のロケ。
ゲストは研ナオコさん。
f0079980_2394894.jpg


芸能界では鶴瓶師匠に説教出来る数少ない人。

この日も鶴瓶師匠はあれこれマジで説教されていました。

心から旅を楽しみ、ご覧のように大股開きでフルーツ農園を覗く姿もカッコよかったです。
f0079980_2310468.jpg



6月21日 梅雨の晴れ間

by inouexpo | 2006-06-21 23:51 | テレビと旅  

エビちゃんと日本


エビちゃんのおかげでSamantha Thavasa の株価が急騰しているそうです。

毎回、ドラマや雑誌で種類の違うバッグを使ってもらい、女の子たちの購買欲を煽っているのだとか。
エビちゃん様々のSamantha Thavasa ですが、知り合いの女の子たちに聞いたら最近のタバサのバッグは脆くてよく壊れるといいます。
本当かどうかはみなさんも彼女や周りの女性たちに聞いてみて下さい。

いずれにしても金儲け重視のメーカーは大量生産にシフトし、品質を低下させるという悪い典型。
かつて幻の日本酒といわれた新潟の「越乃寒梅」もその人気ぶりに方向性を失い、品質を落として大量生産に踏み切たことで辛党たちから総スカンを食ったことがありました。

今の日本の社会にもそんな気配が漂います。
景気回復、バブルの再来だと浮かれ、今以上にワケの分からない社会になるのはゴメンです。



6月20日 くもり時々はれ

by inouexpo | 2006-06-20 23:11 | 日常  

指のストレッチ


午後から台本をがんばってガッツリ2本。

帰宅後、Stevie Ray Vaughanの楽譜集とにらめっこで「SCUTTLE BUTTIN'」のコピーに励む。
いやぁ、こりゃ難しい。
指がつりそうです。
でもボケ防止にはなるか。

それにしてもどうしたらあのようなブライトで野太い音がストラトから出るのでしょうか。
チューブアンプにすりゃよかったなぁ。


6月19日 はれ時々くもり

by inouexpo | 2006-06-19 22:58 | テレビ  

ガッカリのあとにムカッ


スーツには縁のない仕事ですが、近々、スーツを着る機会があるため、上質のドレスシャツを買っておこうと、知る人ぞ知る「ORIAN」を購入。
イタリアの名門ドレスシャツ工房「ギ・ローバー」から生まれたフィレンツェのブランドです。

都内のセレクトショップは最近、こぞって「ORIAN」を買い付けているようですが、品薄のため、入荷即完売状態とか。
運良く、銀座の某ショップでマネキンが着ている最後の1枚を発見し、無理やり外してもらって購入することが出来ました。
デザインは流行りのハイカラーで細身のシルエット。
f0079980_2492460.jpg


夜、日本VSクロアチア戦をテレビ観戦。
またもや期待を裏切ったFW陣に呆れ返りましたが、試合終了直後、笑顔で大喜びしていた♀サポーター(正しくは代表のジャージを着ていた単なる観光客)のバカさ加減にカチ~ン!(怒)。
大型モニターにあんたの姿が映ったからって、状況を考えてくださいな。

昨日のガーナ戦でPK判定を取られ、泣いていたチェコのちびっこサポーターこそが本物でした。
観光気分の俄サポーター連中は出国禁止。
あと、ハチ公前でバカ騒ぎしている程度の低い連中も迷惑なので渋谷区立ち入り禁止。



6月18日 あめのちくもり

by inouexpo | 2006-06-18 23:59 | お買い物  

飲んだら働くな


午後から打ち合わせ。

お付き合いの流れで飲まざるをえなくなり、昼間っから芋焼酎。
飲み始めたらなんだかピッチがあがってしまい、「今日は仕事を忘れて飲みましょうよ」という誘惑の声をふり切って次の仕事先へ。

ディレクターのSさんと台本書き。
こちらはすっかり赤ら顔。
理解力が鈍り、構成にも凡ミス。
まったく申し訳ない。
飲んでの仕事は絶対にいけません。
二度としません。

でも昼間っから酒飲んで平気で仕事してるプロデューサー連中ってけっこういるんですよね。
夕方になるとさっさと帰っちゃうし。
あの人たちは大丈夫なんでしょうか……。


6月17日 くもりのちあめ

by inouexpo | 2006-06-17 23:58 | テレビ