旅の日記

渡仏3日目、朝のパリ東駅。
f0079980_1623147.jpg

去年6月に開通したTGVに乗ってアルザス地方の玄関口、ストラスブールへ。
f0079980_164771.jpg

ドイツとの国境、ライン川沿いにある街には木骨組の家がたくさん。
f0079980_164589.jpg

世界遺産でもある旧市街を歩いていると突然、目の前に現れるノートルダム大聖堂。
f0079980_166317.jpg

142メートルの高さは中世の建造物では世界一だとか。
赤色砂岩を切り出して造られたため、バラ色の大聖堂と呼ばれているそうです。
運河に立つのは牢獄として使われていたヴォーバン・ダム。
ヨーロッパならではの風景。
f0079980_1665888.jpg

歩き回ってお腹が空いたので、飛び込みで入ったレストランで「シュークルート」。
ソーセージと豚肉の煮込みに塩漬け発酵キャベツを盛りつけたアルザス地方の名物料理。
地ビールとの相性は抜群でした。
f0079980_1683511.jpg

夕暮れのクレベール広場。
クリスマスツリー発祥の街らしく、広場の奥にはシーズンを過ぎた今も立派なツリーが輝いていました。
f0079980_1693860.jpg

明日はローカル線に乗ってコルマールという小さな町へ移動。

1月6日 あめ時々はれ

by inouexpo | 2008-01-06 22:59 |  

<< 旅の日記② おフランス >>