青梅へ行ってきたのだ

取材で東京の青梅市。
なぜか青梅には赤塚不二夫先生のことがすべて分かるテーマパビリオンがあり、これは行かなくてはならないのだと、足を運んできた。
原画やセル画、伝説のトキワ荘の一室が再現されていたり、楽しいパビリオンでした。
※床にある足形のところに立つとバカボンのパパにツッ込まれます。
f0079980_0473240.jpg


7月4日 あめ

by inouexpo | 2007-07-04 23:40 | テレビと旅  

<< 万年筆 休日に温泉 >>