祝 5周年

熊本から奇跡のような雲海を越えて兵庫県西宮市へ。
f0079980_2252057.jpg

開館から5年を迎えた兵庫県立芸術文化センターで『開館5周年記念ガラ・コンサート』。
前日リハーサルを終え、細かい修正を経て、あとはお客さまをお迎えするのみ。
f0079980_2255147.jpg

f0079980_226235.jpg

2日間、計4回公演はいずれも超満員、8000人のお客さまに来ていただきました。
2度のアンコールで会場のボルテージは最高潮。
最後は客席総立ちのスタンディング・オベーション。
鳴り止まぬ拍手と歓声の中に号泣する佐渡裕さんの姿がありました。
こちらも涙の大洪水です。
終演後、佐渡さんの楽屋で乾杯をして放心状態のまま、東京へ戻りました。
一週間で飛行機に9回搭乗。
移動移動の連続で疲れているはずが、素晴らしい「ボレロ」の演奏で疲労感はすべて吹き飛びました。
こんな経験は生まれて初めてです。
身をもって音楽の力を知りました。
2月のはじめから準備に携わっていただいた兵庫県立芸術文化センターのみなさん、言い出しっぺの「題名のない音楽会」のプロデューサー鬼久保美帆さん、素晴らしい映像でイメージを実現してくれたクレイジーTVのみなさん、名調子を披露してくれた神田山陽師匠(尺オーバーの中、台詞をコンパクトにまとめてくれて感謝)、うっとりする歌声を披露してくださった並河寿美さん、晴雅彦さん、最高の演奏でした PAC管弦楽団のみなさん、そしてそして、あなたはスゴい!世界のマエストロ 佐渡裕さん。
さらに、あふれんばかりの愛情を注いでくださった観客のみなさま。
本当にありがとうございました&お疲れさまでした。
DSC HX5V
10月3日 くもりのちあめ

by inouexpo | 2010-10-03 23:51 | テレビと旅  

<< 北の町は大騒ぎ 火の国熊本さだ馬刺し >>