陽の光 歓喜の歌

ウィーン郊外にあるハイリゲンシュタット。
ベートーヴェンが暮らした場所として知られています。
f0079980_22363065.jpg

シューライバーの小川沿いの小径や丘の上に広がるぶどう畑を見ながらベートーヴェンは「交響曲第6番『田園』」を書いたそうです。
小径の途中にはベートーヴェンの胸像も。
f0079980_2237138.jpg

f0079980_22372285.jpg

f0079980_22373539.jpg

1802年、かねてからの難聴に苦しんでいたベートーヴェンはこの家で弟に宛てて遺書を書いています。
f0079980_22402186.jpg
音楽家にとって致命的な病に苦しんでいたベートーヴェンは1817年、遺書を書いた家からこの白い家に移り住み、「交響曲第9番」を書き上げます。
f0079980_2238638.jpg

聴覚を失い、絶望の淵にあっても不朽の名曲を書き上げた彼の不屈の精神は聴く者に希望の光と歓喜を与えてくれるのです。
f0079980_22382144.jpg

8月7日 はれ

by inouexpo | 2009-08-07 23:23 |  

<< 美しい響き リンクの外をぐるり >>